【新型コロナウイルス対策として、市が大きな決定を下しました】

【新型コロナウイルス対策として、市が大きな決定を下しました】

4月13日の市長記者会見で、市が大きな決定を下すことが明らかになりました。

■1 出勤する市職員が1/3になります。

市職員の勤務体制について、4月14日(火曜)から5月6日(水曜)までの期間、出勤する職員数は原則3分の1とし、それ以外の職員は在宅勤務とする、交代制勤務を実施することを市が決定しました。

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/1220/nagekomi/20200413_1.html

■2「新型コロナウイルス対策担当部」及び「新型コロナウイルス対策担当課」が設置されます

詳細はPDFをご覧いただきたいですが、新型コロナウイルス対策の専門部局が期限付きで設置されます。

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/1210/nagekomi/documents/soshiki.pdf

 

■3新型コロナウイルス対策担当部トップには、保健の専門家でもある職員が就任します

4月1日付でこども育成部長に就任された森田佳重部長が、急遽、新型コロナウイルス対策担当部長へと異動します。

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/1220/nagekomi/documents/jinjiidounaijisyo.pdf

森田部長は、長年におよぶ母子保健活動の功績を称え、全国の個人や団体を対象に毎年行われている「母子保健推進会議会長表彰」に選ばれた、保健分野のプロフェッショナルです。

参考:タウンニュースの記事

https://www.townnews.co.jp/0501/2020/01/17/513920.html